接客業も兼ねている薬剤師

病院勤務の薬剤師はただ薬の調合をするだけが仕事ではありません
調剤薬局での薬の提供が進んだとはいえ、まだまだ院内処方が全くなくなったという病院は少ないですので、患者さんに処方をされた薬を渡すという仕事も
病院勤務の薬剤師の大切な仕事のひとつです。

この時に処方をされた薬の説明をするという事も欠かせない仕事のひとつですが、患者さんの中には待ち時間が長かったと苦情を言う人もいますし、
その時になって継続して処方をされた薬に対して「飲むとめまいがする時がある」「気持ちが悪くなる」と言った薬に対しての副作用を口にする人もいます。
そうした副作用は診察を受けた段階で医師に直接話しをして欲しいというのが、薬剤師側、医師側の共通の考えですが、患者さんの中には薬の事は薬局で言うものだと考えている人もいるので
病院の薬局の窓口には色々な人がやってきます。

そうした人に上手に対応をするの薬剤師の仕事です。
患者さんを不快な気持ちにさせてはいけません、病院と言ってもある意味ではサービス業です。
もちろん患者さんを「お客さん」という気持ちは持っていませんが、病気や怪我などで弱い立場にいる人たちですので、その人達に病院側の対応の中で不快な思いをさせてしまってはいけません。

医師や看護師、そして薬剤師、職員に至る誰もがそれは思っている事ですので、こうした患者さんにも笑顔と誠意をもって対応していきます。

そういった意味では薬剤師は接客業も兼ねていると言っても過言ではありません。

そうした接客業を兼ねている病院薬剤師ですので、薬剤師求人をする場合には、薬学の知識、学力だけでなく、その人の人柄というのも採用の基準となるのです。
おなじ薬剤師求人でも接客とは無縁の研究職などでは、知識と学力が優先をするかもしれませんが、接客業を兼ねているような病院の薬剤師求人の場合には、患者さんに合わせた対応のできるような
明るい、そして機転の利くような人柄の人が採用をされているのです。

ホントかな…と疑問に思う人は、明日にでも病院の薬局を覗いてみて下さい。
私が言っている意味が解って頂けると思います。