これからの薬剤師に求められる事

この先、病院の中では医薬分業がますます進んでいくと予想させています。
この医薬分業によって、院内で処方をされる薬が減り、医師が処方をした処方箋は街中の調剤薬局で処方をされ、患者さんはそこで薬を手にいるようになってきました。

薬剤師が病棟に入院をしている患者さんの元に直接足を運び、薬に関しての指導をするようになりました。

そして薬事法の改正により、今まで病院でしか処方をする事ができなかった薬の一部がドラッグストアなどでの販売が許可されました。

薬剤師になる為には、今まで4年制の学部でしたが、6年制の学部に変わり、6年制の学部を卒業して初めて薬剤師の国家試験の受験資格を得る事ができようになりました。

このように薬剤師を取り巻く環境は大きく変わってきています。
このような状況の中で、薬剤師求人の状況も変わってきてます。

新卒の薬剤師求人が減っているのに反して、中途採用の薬剤師求人が増えてきています。
これは新卒者を育てる期間を無くし、即戦力として仕事ができる薬剤師を病院側が求めているという事です。

しかしこれからしばらくすると薬剤師は不足していくと言われています。
その理由は6年制になった事、そして薬剤師を必要とする職場が増えた事などが要因とされていますが、何と言っても団塊の世代と言われる人たちの退職時期に入ったからです。

現在、この団塊の世代の薬剤師の人達はある程度の役職についている人がほとんどですし、中にはご自身で開業をしている人もいるでしょう。
開業をしている人を除いて、会社あるいは病院などに勤めいる人は退職をする年代となりました。
こうした事で、これから薬剤師はどんどん不足をしていくと見られています。

その傾向が、中途採用時の福利厚生の充実さに反映をしてしてます。
薬剤師を確保する、これがこの先の病院、そして医療関係の切実な案件となってくると思われます。

こうした状況を迎える薬剤師は、どのような待遇でむかえてくれるのか、そしてその仕事内容はどのようなものなのか、しっかりと吟味をして本当に自分が働きたいと思う職場で
働く事ができる時代になるのかもしれません。