薬剤師の業務には社会的な責任がともないます。

薬剤師の日常業務には、社会的な責任がともなう業務が多いです。
医療には法律で定められている事と政府が制度を設けて一定の基準を自主的に守るよう求めている分野があります。
患者さんに対するインフォームドコンセントについても、法律では規定されていないものの制度上期待されている要件でしょう。
基本的に医療の分野でインフォームドコンセントは担当医が行うものですが、調剤薬局の現場では薬剤師が行う事も珍しくありません。
そのため大阪の薬剤師求人では、患者さんとコミュニケーションがきちんと取れる薬剤師さんが多く必要とされています。
薬剤師には医療に関する法令を遵守することに加えて、個人情報の保護も求められています。
特に院外処方を行う調剤薬局は多くの患者さんの個人情報を扱うでしょう。
従来の紙での情報管理からパソコンのデータベースを利用する個人情報管理に切り替わった事により、情報管理が容易になった半面情報漏えいのリスクが非常に高くなっています。