在宅に力を入れておられる求人がありました

今後は、生まれ育った和歌山で働きたいです。
ある程度キャリアは積んだので、これからは落ち着いて地域の方とふれあいながらお仕事をして行きたいです。
人と話す事が好きなので、患者さんと多くお話をさせて頂ける環境である事が理想です。
今それで薬剤師求人を見ていたのですが、インターネット上には多くの求人が掲載されていて、あれこれと目移りしてしまいました。
もっと自分の希望条件を絞ったほうが探しやすそうでしたので、そのようにしましたらいくつかの求人に絞られました。
そして一件ずつ詳細を読んで行ったのですが、その中で在宅医療に力を入れておられる薬局さんがあり、携わりたいと思いました。
同じ薬剤師の友達が、患者さんのお宅へ頻繁に訪れる仕事をしているのです。
その話を聞いて、私も携わりたいと興味を持っていました。
これまでの薬剤師は患者さんに触れる事がないのが当たり前でしたが、その友達は必要であれば患者さんに触れて血圧測定などをしているそうです。
患者さんは、そんな風に触れる事だけで安心される方が何人もいらっしゃるそうです。
その話を聞いて、薬剤師の役割はこれまで思っていた以上に多くあると思いました。
在宅は、お宅の状況を見て患者さんの状態をより具体的に把握することもできるでしょうし、患者さんにもっと近付き寄り添うことで、結果的に患者さんの治療に良い影響があるのではと大きな期待があります。
お一人住まいの患者さんも多くいらっしゃいますし、薬剤師が力になれる事があればお力になりたいです。