和歌山における薬剤師求人の特徴

和歌山県の薬剤師求人の特徴についてみてみましょう。
まず、募集ジャンルで多いのは調剤薬局の求人です。
一般医薬品や生活雑貨等の販売と併用するドラッグストア型ではなく、病院の近くや駅前、住宅街などで営業する調剤特化型の薬局が目立ちます。
和歌山は関西圏に属するため、関西を中心としたチェーン型の調剤薬局や、大阪を中心にチェーン展開する調剤薬局による募集が目立ちます。
正社員としての募集が多いです。
地域密着型の小さな調剤薬局に比べスケールが大きいので、給与面や福利厚生は恵まれているように思います。
もっとも、求人情報に表示された年収だけを見て、給与がいい悪いを判断するのは時期尚早です。
というのも勤務条件や勤務日数・時間が異なるため、勤務内容の詳細を確認してからでないと、給与として優遇されているのかどうか判断できないからです。
求人をチェックするときは、表面的なところだけでなく、詳細内容まで確認しましょう。

たとえば、給与が新卒で360万円台のところがあるとします。
ここは4週6休制で土曜勤務もあります。
薬局において1日にこなす処方箋枚数は160枚です。
一方、460万円台からの給与で日祝休み、賞与ありというところもあります。
薬局において1日にこなす処方箋枚数は80枚です。
処方枚数は少なく規模的には小さく思いますが、給与面では充実しているように思います。
また400万円台からの給与で週休2日制で、賞与ありのところもあります。
休みの日数や休める曜日が異なってくるので、こうした条件も気に掛ける必要があります。
和歌山市の求人は、特に給与が高めのようです。