地方の薬剤師が不足しています

薬剤師の仕事はとても重要です。
医師に出された処方箋に沿って薬を調合して患者さんに提供するのです。
もし調合する薬を間違えて患者さんに渡してしまったら大変です。
最悪の場合は命に関わるので、とても責任のある仕事でしょう。
日本では薬剤師の数が不足しています。
特に地方でその傾向が強く、薬局などの薬剤師求人も多いのです。
なぜ地方の薬剤師が特に不足してるかというと、東京などの都心に人材が集中してしまうからです。
もし都心で就職できなかった場合は地方で働こうという考えの方がとても多いのが現状です。
つまり大阪をはじめ、地方での就職は二の次という考えになってしまっているのです。
しかし、地方で仕事をすることのメリットもあります。
地方での薬剤師の仕事のほうが、都心に比べて仕事の裁量が多いのです。
このため、薬剤師としての能力をより伸ばせる地方の方がキャリアアップを図りやすくなります。
また、給料の面でも都心に比べて待遇の良い薬剤師求人が多くあります。
以上のようなメリットがあるので、薬剤師の方は地方で仕事をすることを考えてみてはいかがでしょうか。